英語を身近に感じる時代が訪れた

グローバル化と言われる時代になってから、より一層、英語が身近になってきました。

職場でも外国人が採用時されたり、英語を話さなければならない機会も少なくありません。

プライベートでも、義弟が外資系会社に勤めているせいか、姪っ子も小学生ながら必死で英語の勉強を続けています。自分の子供達は、成人しているのですが、やはり英語の必要性を感じて、自ら勉強をしています。

私はと言うと、決して堪能ではありませんので、帰宅後にオンライン英会話を学んでいます。日常会話であれば、何とかできそうなのですが、ビジネス英会話ともなると、また、違った難しさを感じることもあります。専門用語や海外オフィスとのTV会議で英語が飛び交う場面に何度か遭遇したのですが、理解するのに必死です。それ程に英語の難しさと同時に、楽しさも感じ取れます。

海外の人とコミュニケーションが取れた時の嬉しさは格別です。日本語のように、キーワードが少ない中でのコミュニケーションにも、その表現方法は多様で、「こんな表現方法もあるんだ。」と感動さえすることもあります。

反面、職場にいる外国人社員は、日本語が堪能ないのですが、「英語より日本語の方が、もっと難しいです。」という言葉を聞くと、私達以上に勉強をしているんだなと思います。

街中でも、外国人旅行者から道を尋ねられる機会も少なくありません。そんなことを考えると、もっともっと英語に慣れ親しむ環境に身を置くことも必要だとしみじみと感じています。