映画で英語の勉強。ネイティブの英語を完全に身に着ける。

私の英語の勉強方法を書きます。私の勉強法はズバリ、映画です。

まず洋画を音声は英語で、字幕は日本語で観て完璧に内容を覚えます。私の場合は5回ほど観ます。内容を覚えたら今度は音声は英語、そして字幕も英語にして観ます。英語の字幕が出る映画と出ない映画があるのでそこは注意するべき点です。その際に字幕に出た全ての英語をノートに書き出します。勿論一時停止しながらこまめに書いていきます。重要なポイントとして、このときに既に英語の意味が分からない部分はチェックしておきます。この作業は辛いですが、リーディングとライティングの能力が向上しますので、根気強くやるべきところです。

そして今度は先程書いたノートを片手に、また音声は英語で字幕は日本語に戻して観ます。その際に先ほどチェックした意味が分からなかった英文の部分がきたら一時停止をして、ノートに書き出した英文の上に和訳として字幕に書いてある日本語を書きます。それを繰り返して最後まで観ます。

そして今度は復習です。意味の分からなかったチェックをつけた英文の部分を何度も書いたり声に出したりして意味を覚えます。

この作業を全てすれば、とりあえず映画上にある全英文の意味を理解できたことになります。そしてここからは完全に映画の英文を全て丸暗記するように映画を何度も観ます。そのときに声に出したりするとスピーキングの練習になります。

一作品を網羅すると、かなりの数の英文を自分のものにできます。リスニング、リーディング、ライティング、スピーキング、全ての能力を身に着けられると共に、実際にネイティブが使っている英語をマスターすることができます。

私は5作品、この方法を使って映画を観て英語を勉強しましたが、ほぼ完璧に英語をマスターしています。海外旅行にも何も問題なく行けますし、現地のアメリカ人とも日本語を話すように英語でコミュニケーションが取れます。

この勉強方法はかなり独特ではありますが、相当効果的です。是非試してみて下さい。