中学の英語は数学と同じくらい大切な教科

中学校へ入学すると本格的に英語の教科が始まります。私は子どもの頃に基礎英語のラジオを聞いていましたので、中学2年生くらいまでは特にわからない事もないまま英語を学べていました。そのため英語の基礎がわからない、という気持ちがよくわかりません。

ところが我が子が今年から中学へ入学し、英語が苦手だと知り驚いています。というのも、数学の授業などよりもわかりやすい事。中学1年生の英語は基礎中の基礎の内容ですので、躓くきっかけも少ないからです。英語は数学と同じくらいに受験する際に重要になる教科です。今から躓くと、3年生になった時に相当苦労するとわかっているので、よくわかっていないと気が付いた時からフォローする事が大切になってきます。

我が子を見ていますと、英語の基本的な文法の仕組みが理解していないという問題点と、日本語訳にする場合の日本語の使い方がおかしい点がわかってきました。最近は「子どもには英語を学ばせよう」という傾向が見られますが、私たち日本人はまず日本語をしっかりと使えないと、英語がマスター出来ないと個人的には思っています。

英語力アップを狙うのならば、英語だけでなく日本語も学ばないといけないという事です。そして英語が楽しいという気持ちを持たせたほうが良いでしょう。私は英語が話せるようになり、異国の方たちとコミュニケーションを取れて良かったと痛感しています。日本人しかいない世界で育つと、世界がどうしても狭くなります。中学生の英語が使いこなせたら、英会話は成立するので中学の英語をしっかりと学ぶ事をお勧めします。