英語の試験を受ける時にはその試験の傾向を掴んでおくべし!

この前は、英検を受けてみたいという子から相談を受けてアドバイスをしたのですが、私が英検を受験したのはとうの昔のこと・・・。最近は2級以上のライティングに変更があったとのことですが、その子は準2級を受けるとのことで、テキストを見てみたら私が受けた時となんら変わってはいませんでした。私で良いのかと思いつつも指導していったら、あることがわかりました。一見すると英検なのだから英語の勉強が必要だと思うのですが、それ以外にも、「英検の傾向を掴む」ことが大切だとわかりました。まだ学校の定期テストや模試くらいしか問題に慣れていない子だったのですが、英検独特の出し方を知っておくと、何も知らないで解いた1回目よりも、毎回こうなんだと知った後の2回目、3回目の方が初見の問題でも点数が良かったのです。特に大きいなと思ったのは2次の対策でした。リスニングができなくても、毎回こういうパターンで来るのかと知っていれば、どれほど有利になるだろうと思うくらいです。これは本当に英語の実力が見たいならもっと傾向をバラバラにするべきだと思いましたが、型にはまるのが好きな日本らしい試験だとも言えます。よく塾講師もCMで言っていますよね、「傾向を知れ」と。センター試験対策などもそうなんだと思います。今年は傾向をちょっと変えてきたねとか、一昨年と似ていたねとか。もし英語に限らず試験を受けるなら、その勉強に加えて過去問をやっておくのは効果的だろうなと思いました。