TOEICを無意味な資格という人がいるけれどもそんなことはない

TOEICなんて受験しても意味がないよという人がいます。TOEICは本当の英語力を反映していないから、取得しても意味がないというのです。TOEIC900点台を取得してもきちんと英語を話せるだけの実力があるわけではないでしょうと言ってきたりします。

確かにその通りかもしれません。TOEICではかれる英語力というのは限られた範囲のものです。特に日本社会でTOEICと言った場合はリーディングとリスニングに特化したタイプの試験を指しますからライティングとスピーキングの能力は数字に反映されていないことになります。

こうしたことも含めてTOEICは意味のない資格という人がいるのです。ただ、日本社会でひとつの指標として使われているのは確かです。勉強してある程度の点数をとれるようになれば最低限のビジネス文章を読む能力もあるでしょう。

日本社会で評価されるのであれば取っておいて損はないと個人的には考えています。評価されるには大学生であれば700点以上、社会人であれば800点以上の取得が必要となってくるでしょうか。企業などでも昇進の条件にTOEICの点数を入れているところがありますので、そういう意味でも取っておいて意味がないということはありません。TOEICがきっかけになって英語を本格的に勉強したくなるということもあるかもしれません。

ともかく、英語に触れるきっかけになるという意味でもTOEICは意味があるものでしょう。意味がないなんていって切り捨てるのではなくて、日本社会で評価される程度の点数を最低限取得してキャリアアップを目指したいですね。