英会話力をつけるために必要なこと

広告を見ていると、英会話スクールのCMが多い。街を歩けば、いわゆる大手の英会話スクールだけではなくて、カフェスタイルで英会話が学べる場所や、市民講座などでも英会話のクラスは非常に沢山ある。

なんでこんなに、日本人は英会話力を身につけたいのか?

世界に通用する人になるため、仕事で海外に出張しないといけないから、英会話が話せたらカッコいい、色々な国を旅行したいから、など理由は沢山あるのだろう。

小学生や、中高生からビジネスマン、主婦、おじいちゃんおばあちゃんに至るまで、英会話を学びたい人はいつも日本の社会にあふれている。日本人は、英会話ができるようになったらどうしたいのだろうか。

私がよく見かけるのは、英会話を上達させたいという大学生。いずれは留学したいという野望もあるのだろうが、しかし実際にその人たちと普通の日本語で会話をしてみると、意外に日本語の語彙力も乏しかったり、そもそも「会話」したい内容が薄っぺらかったりもする。とても残念だ。英会話を上達させたいのであれば、もちろんの英語のスキルも必要ではあるのだが、根本的には、コミュニケーション能力を磨くことに上達の鍵がある。日本語での会話も貧相なのに、どうやって第二外国語の英語で会話を盛り上げられるだろうか。母国語でできないことは、結局外国語でもできないのだ。

会話を深められる教養と語彙力、考える力なしに会話の上達はあり得ない。

だから、英会話を頑張ろうとしている皆さん、英語の勉強も大事ですが、まずは日本語の会話力を向上させるところにも力を注いだら良いかと思いますよ!