英会話タイムトライアルなこのごろ

最近、ほぼ毎日やっているのが『英会話タイムトライアル』です。私はおもにテキストを読みながら問題に答えたり、使えるフレーズを覚えているだけですが・・。ラジオの放送はあまり聴いていないので、過去のテキストを使っています。

この講座で覚えたフレーズはいくつかあり、そのひとつが”〇〇に乾杯!”です。とてもキザな感じがしますけど、パーティとかでみんなでこの言葉を言いながら乾杯しているような光景が浮かびます。日本でも”◯◯に乾杯”は言いますし。

もっと身近な、普段のさりげない会話で使うようなフレーズもたくさん出てきて、こういうことを言いたいときにはこの単語を使うのかとか、だいぶ英語の表現に慣れてきたような気がします。

とはいえ、ちょっとさぼるとすぐに忘れますけど・・。ひとつ覚えても次の問題ではどういう言葉を使えばいいのか、すぐにつまずくという・・。私がいかに実践で使える英語から遠いところを勉強していたかということを、あらためて知りました。

せっかく学生時代に英語を勉強したのだから、これを現実の英会話でいかせないかと思うのですが、学生のころに勉強した英語と会話で必要な英語とは、かなりの隔たりがあるようで、勉強しても英会話に近づける気が全然しません。この原因のひとつは、私が英会話が必要な環境にいないからだと思います。

今覚えたフレーズは、後に英語で会話をするときにも生かせるものなのか、言葉は常に変わっていくものだし・・ということがいつも頭のどこかにあります。