80歳を過ぎてからの英会話チャレンジ

若い頃に少し英語を勉強していたから、管理職になって少し余裕が出てきた人が英会話を始めたり、または、60歳で退職してから英会話を学びたいと英会話スクールへ通ったり、短期海外留学をする人の話は身近でも聞きますし、ニュースでも流れていることがあります。

ただ、80歳を超えてから英会話を学ぼうとする人が身近に出てきたのです。少しでも英会話学習の経験があるのかと思いきや、全くのド素人です。最終学歴も中卒の方です。どうして英会話にチャレンジしようかと尋ねると、「残りの人生がどれだけ残っているかわからないから、英会話にチャレンジしたくなった。

最近は近所に外国人も多いから会話もしてみたい」と言うのです。なかなか80歳になってゼロから英会話を学ぶ意気込みって持てそうで持てないです。しかも、英会話スクールへ行くお金は無いからと、辞書と簡単な英会話教材を片手に毎日勉強してるそうです。学んだことをたまに会う近所の外国人に話しかけることで楽しんでるのです。

一度、ご一緒に外国人と会話する機会があり、様子を見ましたが、どんなに間違えようと必死になって伝えようとする気持ちがあり、私はとても感心していたのです。最初は、アルファベットを覚えるだけでも相当の時間がかかったそうです。耳が遠いのでリスニングもなかなか上達しないにも関わらず、決して諦めることなく毎日、学習されてるのです。それを仕事に生かすとかですと無理がありますが、好きなことをするという点では、何かにチャレンジすることに遅いということはないです。