野球チームみんなでSEO対策のサポートをしました。

私は以前勤めていた会社の同僚と取引先、そして友人らと合わせて、今から約10年ほど前に草野球チームを結成しました。私が以前まで勤めていた会社というのは地元でも老舗の広告代理店で、クライアントもいくつも持っていました。そんなクライアントの中には、明治期から代々と続く和菓子屋があるのですが、この三代目店主も私たちの野球チームに所属しています。このお店では地元でしか売っていない銘菓を販売しているのですが、あるテレビ番組で取り上げられたところ人気に火がつき、店主もネット通販に力を入れたいと息巻くようになってきていました。しかし、大資本企業のような広告費予算もないことから、店主はSEO対策に力を入れるようになりました。この草野球チームには広告関係者やマスコミ媒体社等の人間が非常に多いため、違うクライアントの質のよいサイトを、この和菓子屋のサイトと被リンク協力をしてあげたりなど、店主のSEO対策にも野球チームメンバーとしてサポートしてあげています。ネット通販立ち上げの頃は、思うように売上が伸びなかったようですが、今では昔に比べれば順調になってきたとのことです。

SEO対策 無料ブログを利用する効果とリスク

検索順位を上げたいという理由でSEO対策を考える方が多いようですね。無料で自力でできるSEO対策として、無料ブログを作ってメインサイトへリンクを貼るという方法があります。無料ブログを使う場合、ドメインが提供元のドメインになりますのでグーグルにすでに認識されているのが利点です。新規ドメインと比較するとその差は一目瞭然!更新通知のpingを打つだけですぐにインデックスされます。「じゃあお金がかかる独自ドメインじゃなくFC2やシーサーなどの無料ブログからたくさんリンクを貼ればいいのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、提供されているものには少なからずリスクが伴います。まず、突然のサービス終了。これは、無料で使わせてもらってるものですから提供元が採算を取れないと判断してサービス終了しても文句を言えません。それまでのブログ記事のバックアップをとっていない場合、すべて削除されます。そして、独自ドメインではないのでサーバーの移管もできませんし、大抵のブログサービスは提供元の広告スペースがあります。ここだけ読むと良いことがあまりなさそうに感じられるかもしれませんが、無料で利用できるというのはやはり魅力ですね。あまり予算がない場合は、最初は無料ブログや無料ホームページを使って、収益があがってきたら独自ドメインを併用するのが良いのではないかと思います。

Googleに有効なSEO対策を調査する